ルアーフィッシングの新品・中古釣具はリバース
元バスプロが教える!ブラックバスがガバガバ釣れる方法。「湖編」

イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィシング入門 基本

ルアーフィッシングとは、生き餌を使う従来の釣りとは違い、疑似餌(ルアー) を用いて行う釣りのことです。そんなルアーフィッシング入門の基本として、イマカツは使いやすいルアーも充実しています。

○イマカツルアーフィッシング入門編=ルアーの種類
ルアーには、スプーン、スピナー、スピナーベイト、バスベイト、ミノー・プラグ、ラバージグ、ワームなどがあります。
スポーツ感覚で若い人から大人まで幅広い層で支持され楽しまれています。

○イマカツルアーフィッシング入門編=対象魚
代表的なルアーフィッシングの対象魚としては、淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョなどがあり、海水ではスズキ(シーバス)、シイラ、ヒラメ、ブリ、カサゴ、アイナメなどがあります。そして基本的に、釣った魚は持って帰らず、キャッチ&リリースといい、その場で放流されることが多いです。

○イマカツルアーフィッシング入門編=鱒ボール現象
ルアーフィッシングに限らず、最近のニジマスをはじめとしたトラウト類の「管理釣り場」が増えています。そこではクリアなポンドなどで魚達の生態やエサやルアー、フライなどに喰いつく瞬間がよく観察できます。よく見られる現象として通称「鱒ボール」と呼ばれるニジマスの群集がある事です。敢えて「群泳」でなく「群集」と表現しましたのは、数10〜数100匹の群れが黒く固まり、ただ浮かび一定の場所に留まり、何かのきっかけでその群れ全体が移動していくからです。その姿は「泳ぐ」というよりもむしろ「漂う」という表現が適当ですね。 なぜ「鱒ボール」ができるかについては諸説あります。隠れる場所が少ない「管理釣り場」でニジマスたちが外敵から身を守る手段ではないかという説が有力でありますが、真相はまだ明らかにされていません。 また、外来種として各地の湖川に定着したニジマスもこの「鱒ボール」を作るのか否かといった疑問も残りますね。ともあれ、専門家の調査が待たれる「謎の行動」であることは間違いありませんね。

イマカツでは他にもルアーフィッシング入門に関していろいろありますので、要チェックです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74910141
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。